日々の関わりで様々なコミュニケーション力の発達を促すことが大事です。

子どもが小さいうちは、子どもの発達について

気になることも多く、特に言葉の発達を気にされる方は

とても多いと思います。

1歳半健診などのチェック項目にも

発語についての質問があるので、気になるところでは

ありますが、そもそもコミュニケーション力は

言葉だけで量るものではありません。

 

相手の言っていることがわかる、相手に伝えようとする、

相手と関わろうとするといった力も

言葉と同様にしっかりと育んでいけるように、

赤ちゃんの頃からの関わりを大事にしてあげることが大切です。

 

私たちは運動あそびを提供する中でも、

言葉やコミュニケーション能力、社会性などの発達を

積極的に促していきます。

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム

「柳沢運動プログラム」の中から「色鬼」をご紹介します。

鬼が指定した色を触ればタッチされないという、

一般的な色鬼です。

 

語彙の認識や聞く力、判断力、瞬発力などが育ち、

相手の進路を予測したり、それによって自分の進む

コースを決めることで、先を読む力や考える力も

養うことにつながります。

慣れてきたら、鬼は「赤」だけでなく「トマトの色」など

表現を変えて指示してみても良いです。

 

鬼ごっこは子ども達の発達に重要なとても多くの力を

育ててくれる遊びです。

ぜひいろいろなアレンジで、自分たちだけの

オリジナル色鬼を作り、楽しんでみてください。