運動が脳育てには最も効果的でおすすめです。

子どもの脳の発達は、脳の後ろから前に向かって

発達していきます。

最後に発達するのが「前頭葉」で、

その中でも「前頭前野」は、思考や判断力、

我慢する力やコミュニケーション力など

社会生活を営んでいく上で欠かせない力を

司っている部分です。

 

なので、しっかりと刺激を与え発達を促してあげることが

とても大切ですが、最も効果的でおすすめな方法が

「運動」です。

子どもであれば、体を動かして遊ぶ活動です。

寒い時期ですが、日中はしっかりと体を動かせると

良いですね。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳沢運動プログラム」の中から「ジグザグカンガルー」

をご紹介します。

 

縄を1本床にまっすぐに置きます。
子どもは両足を閉じて跳ぶカンガルージャンプで
縄の左右をジグザグにジャンプして進みます。

 

ジグザグにジャンプして進んでいくということは
斜め前に跳ぶことになり、まっすぐ前に跳ぶ時とは
違った力を使います。
慣れていないと真横に跳んでいるだけで前に
進まなかったり、動き方がわからずその場で
止まってしまうこともあります。
上半身との連動やバランス力などを意識して

身に付けながら、少しずつ上達を目指せるように
一緒に練習していきます。

 

こうしたジャンプ遊びでは、体幹の筋力や脚力、

リズム感などを効果的に養うことができるので、

運動だけでなく生活力向上や怪我の予防にも

つながる力になります。

子ども達は日常の遊びの中から多くのスキルを

身に付けていくので、さらに良い働きかけで

発達を促していきたいですね。