気になる子への工夫や配慮で全体がスムーズになります。

幼稚園や保育園、小学校に通う子ども達の中には、

発達障害ではないけれど、少し気になる子がいると思います。

みんなと同じ行動をすることが難しかったり、

切り替えが苦手だったり、

こだわりが強め、興味の幅が狭かったり、

コミュニケーション面が気になったり

様々ですが、そういった子達への配慮や工夫は

他の子達にとっても生活しやすいものであることが多いです。

 

子ども達がどうしたら過ごしやすくなるのか、

スムーズに行動できるのかなどを、一緒に考える機会も

大事にしながら関わっていくことが大事だと思います。

 

私たちも、運動遊びを提供する時には

子ども達の姿をよく見ながら行い、楽しいだけでなく

発達段階に沿ったより有意義な活動になるように

工夫しています。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳沢運動プログラム」の中から「ウシガエルのフープ渡り」

をご紹介します。

 

まずウシガエルは、両足を横に開いてしゃがんだら、

両手はパーにして真ん中に揃えてつき

手→足→手→足の順番に前に出して進んでいく動きです。

これで、直線状に並べたフープの中だけに

手足をついて進んでいきます。

 

気を付けるポイントは、フープに手足が当たらないように

進むことです。

先につく手の位置をフープの真ん中にすることで

その後の足も入れやすくなります。

 

こうして手足の位置を考えながら体を動かすことで

身体コントロール力が高まります。

ウシガエルは跳び箱の動きにつながる遊びなので、

慣れてきたら、より腕の支持力を育てられるように

手よりも前の位置に足をつけるようにしてみましょう。