子どもの学びは実体験を伴う遊びが最も効果的です

私たちの日常生活の中には、様々な「数」が溢れています。

物の量や個数、年齢、クラス、電話番号、テレビのチャンネル、

順番、、、

たくさんの意味がある数字の理解は、

すぐにできるものではありません。

幼児期からの体験や教育で身に付けていきますが、

座学よりも遊びの中から学ぶ方が圧倒的に効果的で、

スムーズに子どもの中に入っていきます。

 

普段遊んでいる時に、

「赤いミニカーは3台あるね」

「絵本2冊持ってきて」

「あと3人で〇〇君の順番だね」

「3回やったら帰ろうね」

「拾ったどんぐりの数を数えてみよう」

など数字を絡めた声掛けをたくさんして、

実体験を重ねながら自然に身に付けていけるように

関わることが大事です。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳沢運動プログラム」の中から

「積木拾い+途中で積木積み」をご紹介します。

 

床にたくさん積木をばらまいておきます。

子どもは、指導者に指示された色や形、数の通りに

積木を拾い、指定された場所に積み重ねます。

積木を積む場所は、事前に折り紙などで用意しておきます。

 

「積木を3つ拾って、赤い場所に積んでね」

などの指示をよく聞いて記憶し行うためには、

物への認識や記憶を一定時間保つことが必要になります。

年齢や段階に合わせた指示を出すことで、

楽しみながら能力アップにつなげていくことができます。

 

慣れてきたら、数だけでなく形や色などの条件も

加えて少しずつステップアップしながら

遊べるように工夫していきましょう。