子どもの時はまずは運動を好きになることが大事です。

運動が私たちの体に与えてくれる良い影響については

多くの人に知られていることですが、

何でもかんでもやればいいというものでもありません。

子どもに無理やりマラソンや筋トレなどを

やらせても、効果が薄いばかりか無理にやらされたという

嫌な思いから運動嫌いになってしまうこともあります。

 

一度運動を嫌いになってしまったり

苦手意識を持ってしまうと、大人になってからも

なかなか運動を好きになれず習慣化することが難しくなります。

健康な心身を育み、それを維持できるように

子どもの時はまず運動を好きになれるような

取り組みをしてあげることが大事です。

 

 

 

ぜひ子ども達の成長を長期的な目線で見て、

日々の関わりをしていきましょう。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳沢運動プログラム」の中から

「跳び箱からタンバリン両手タッチ」をご紹介します。

 

1段の跳び箱と2つのタンバリンを用意します。

跳び箱の左右に大人が立ち、タンバリンを掲げておきます。

子どもは跳び箱の上から両足ジャンプで跳び降りながら、

空中に掲げてあるタンバリンを両手でそれぞれ

タッチしてから着地します。

 

跳びながらタンバリンにタッチするということは、

一度に複数のことを行なう動作です。

一度に複数のことに意識を向けるという場面は

日常生活の中でも多くあり、とても重要な力です。

こうした遊びの中で力が育つと、日常生活の中でも

同時に複数のことに意識を向けることができるようになり、

生活面でも良い効果が出てくるので、

1人1人に合わせた声掛けや働きかけで

より効果的に育てていきたいと思っています。