子どもの育ちには「3間」が必要です。

今の子ども達は、学校が終わった後も塾や習い事で

忙しい子が多く、食事や睡眠時間も削られてしまっている

ということもよく聞きます。

家で過ごす時間が少なくなれば、家族のだんらんの時間も

それだけ減ってしまうということです。

毎日のようにそうした生活をしていれば

当然心や体の不調につながってしまいます。

 

子ども達が育っていくために必要なのは、

「3つの間」です。

 

家族との時間や、自分が好きなことに費やせる時間など

「時間」

そのために必要な

「空間」

励ましあったり協力しあったり競い合うような

「仲間」

この3つを意識しながら、子ども達の育ちを促して

いくことが大事です。

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム

「柳沢運動プログラム」の中から

「アヒルの柵越え」をご紹介します。

 

アヒル歩きは、しゃがんだ姿勢でつま先歩きをする動きです。

足を1歩踏み出すごとに、踏み出した足に全体重を

乗せて歩くので、素早い体重移動がポイントです。

 

このアヒル歩きで、少し高さのあるゴム紐などの

障害物をまたいでみます。

膝から下だけでなく、股関節から足を開くようにします。

 

バランス力や足の指先の踏ん張り力が養われ、

今の子ども達が硬くなりがちな股関節周りも

動かすことができます。

いろいろなコースで楽しく遊んでみてください。