今できることの中で子ども達の力を育んでいくことが大事です

今年は、新型コロナウィルスの影響で長い休校期間があり、

多くの小中学校が再開された今でも、

制限の多い中での学校生活になっています。

 

そんな中で心配なのは、学習の遅れだけではありません。

学習は後からでも取り戻すことが可能ですが、

時間は戻りません。

今の年齢で過ごす時間は、今しかありません。

限られた活動の中で、子ども達が毎日を少しでも楽しく

笑顔で過ごし、将来のために意義のある時間になるように

私たちもサポートしていきたいと思います。

 

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム

「柳沢運動プログラム」の中から「ウルトラマンジャンプ」

をご紹介します。

 

マットを複数枚用意し、間を50~80センチ程あけて

並べ、島に見立てます。

子どもはウルトラマンになって、島から島へ

大きくジャンプをして飛び移ります。

 

大きなジャンプをするためには、

腕をしっかり振り、ジャンプと腕振りのタイミングを

合わせることがポイントになります。

 

うまくできるようになったら島の数を増やして

連続でジャンプをしていきます。

この時、島と島の距離をランダムにしておくと

大きなジャンプと小さなジャンプを使い分けなければ

いけなくなるので、体の調整力や巧緻性も高まります。

 

ジャンプ遊びでは、楽しく効率的に体幹や下半身の

筋力を育てることができるので、

子ども達の発達の面ではとても大事な動きです。

運動の時間だけでなく日常生活の場面でも

取り入れることで自然に力をつけていくことが

できるので、工夫をして取り入れていくのがおすすめです。