自分で考えて遊ぶ経験が子どもが育つ力になります。

子ども達が成長し大人になっていく過程では、

自分で考えながら様々なことに挑戦していくことが

大事になります。

そのためには、小さい頃から遊びの中で

トライアルアンドエラーを繰り返してみるという経験が

とても役立ちます。

 

ぜひ、作られたおもちゃばかりではなく

自然の中にあるいろいろな物を見つけて、

自分で想像力を働かせながら試行錯誤をして

遊ぶという機会をたくさん作ってあげて欲しいと思います。

 

私たちが提供している運動あそびの中でも、

大人に言われたことをやるだけではなく

自分で考えて自主的に取り組めるように工夫しています。

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラムから

「並びゲーム」をご紹介します

 

子ども達が指導者の出す指示をよく聞いて、

指示された場所に並ぶという遊びです。

指示は、性別、色、数などの条件を使って

「女の子は赤い服の先生の前に、

男の子は黄色い帽子の先生の前に並びましょう」

「朝、ご飯を食べた人は1番のカードの前に、

パンを食べた人は2番のカードの前に並びましょう」

というように出します。

 

最初から複雑すぎるとやる気をなくしてしまうので、

単純なものから始めて少しずつ難易度を上げるようにします。

 

こうした遊びから集中力や判断力、記憶力を育て、

認知機能も高めていけます。

子ども達に合わせて遊び方を工夫しながら、

様々な力を育てていきましょう。