スモールステップがスムーズなスキル習得と自信につながります。

私たちは、2つのことを同時に行うことが

なかなかできません。

例えば、右手で〇を描きながら左手は△を描いたり、

右手は二拍子で左手は三拍子で動かすなどは

やってみると意外と難しいと思います。

 

大人ができないくらいなので子どもではなおさら

難しいのですが、日常生活で考えてみると

意識していないところで子どもに一度に複数のことを

やるように要求しているということが、

意外と多くあるのではないでしょうか。

 

そして、運動でも一度に複数のところに意識を

向けて行うことが多いので、

子ども達に運動指導をする時には

動きを1つずつ分解して練習したり、

意識する場所を触ってあげることで意識しやすくしたり、

少し工夫をしてあげることが大事になります。

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム

「柳沢運動プログラム」の中から

「クマ忍者の修行~平均台編」をご紹介します。

 

平均台か巧技台を置き、そこに両手をついた状態で

足だけ左右にジャンプをする遊びです。

手は動かさずに足だけジャンプをするのは、

慣れないとなかなか難しい動きです。

まずは両足バラバラで良いので、平均台の右⇔左に

ジャンプをしてみます。

慣れたら、両足を揃えてジャンプしてみましょう。

 

勢いだけで行おうとすると、手をつく前にジャンプして

しまったりするので、先にしっかり手をついてから

リズム良くジャンプをするように、

見本を見せながら伝えておきます。

 

腕の支持力を活かして体をジャンプする感覚や、

足の蹴り上げの感覚などを養います。

両足をくっつけて横跳びができると、

下半身の連動を生かして腰からのジャンプができてきます。

 

ゆくゆくは側転につながる動きで、

跳び箱に必要な力や感覚も育てられるので、

子ども達の発達段階に合わせて提供しながら

1つ1つステップアップを目指していきます。

 

スモールステップで行うことで、子ども達が

たくさんの達成感を感じ、それを自信にしていけるように

関わっていきたいと思います。