日常で身に付けにくい力を運動あそびで育てます。

今の子ども達は、外遊びの減少なども影響し、

昔の子ども達が日常生活の中で自然と身に付けていた

様々な力や感覚が身に付きにくくなっています。

 

例えば、鉄棒遊びで大事な「逆さ感覚」や

「高所感覚」「回転感覚」なども経験が乏しく

身に付いていない子ども達が多くいます。

そういう子達は、保育園などで鉄棒遊びを始めると

「怖い」と感じてしまいます。

一度恐怖心を持ってしまうと、それを取り除くのは

とても時間と手間がかかるので、

そうなる前にしっかりと遊びの中で感覚を

身に付けておくことが大切です。

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム

「柳沢運動プログラム」の中から

「豚の丸焼きでタンバリンタッチ」をご紹介します。

 

鉄棒で豚の丸焼きをします。

大人は、鉄棒の横でタンバリンを持ちます。

子どもは顎を開いてタンバリンを目視したら、

片方の手だけを離してタンバリンにタッチをし、

また両手で鉄棒を握ったら、足から着地をします。

最初は1回叩ければOKです。

できたら、2回3回と増やしてみましょう。

 

タンバリンをタッチする時には、

普段の叩き方とは反対の動きをすることになります。

考えながら体を動かす力や空間認知力が

刺激されて育ちます。

 

鉄棒を握る力や足でしがみつく力が弱い子は

落ちやすいので、補助をしっかりと行ない、

まずはぶら下がったり逆さまになる楽しい感覚を

体験できるようにしていきましょう。