社会性は年齢に合わせた関わりで育てていきましょう。

子ども達が成長していく中では、

勉強も運動も大事なことですが、

やはり人は社会の中で生きていくので

「社会性」が備わっているかどうかはとても重要です。

 

家庭や園での関わりの中で、少しずつ段階を踏みながら

育てていき、保育園の年長児頃になったら

集団遊びなどをうまく活用して

しっかりと社会性を育んでいくことが大切です。

 

私たちが提供している運動あそびプログラムでは、

子どもの年齢や発達段階に合わせた内容、

指導を大事にしています。

 

今日は、私たちが提供している「柳沢運動プログラム」の

中から「スキップリレー」をご紹介します。

 

子ども達をいくつかのチームに分けて、

スキップでリレーを行います。

早く進みたくて途中からスキップではなく

走り出してしまう子が出てきますが、

必ず最後までスキップでできるように

約束をしておきましょう。

ルールを守って遊ぶことで社会性が養われます。

 

公平性を保つためにも指導者はジャッジを正確に

行い、ルールを守っている子が悔しい思いをしたり

まじめに取り組むことに不信感を抱いてしまわないように

気を付けましょう。

 

また、1回終わるごとにチームでの作戦会議の時間を

設け、そこでも社会性の発達やコミュニケーション能力の

向上につなげていくと良いですね。

 

子ども達の年齢、発達段階、その日のクラスの様子や

前後の活動内容など様々な面を考慮しながら

より育ちを促せるような運動あそびの時間に

していけると良いと思います。