0歳1歳からの運動あそびが今後の遊びの幅を広げます。

子どもには運動させるのが良いということは周知の事実で、

そうしたいと思われている親御さんも多いと思いますが、

子どもが歩けるようになってから

外遊びなどでたくさん体を動かせば良い

というイメージの方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、まだ立って歩くことができない0歳1歳児のうちから

少しずつ大人の補助で体を動かしてあげることで、

遊ぶための力や感覚を養っておくことが実はとても大事なんです。

 

今日は、0歳や1歳のうちから育てておきたい感覚の1つ、

「逆さまになる感覚」を育てる遊びをご紹介します。

まず子どもを抱っこして、子どもの両足を

大人の骨盤の上辺りに回します。

そして片方の手でお尻を支え、もう片方の手で首の後ろを持ち、

そのままゆっくり大人がお辞儀をするようにして

子どもを倒していきます。

 

慣れていない子は怖いので、最初は大人の体を

くっつけた状態で一緒に倒れてあげてください。

慣れてきたら体を離してみましょう。

体を離した時、子どもの顎が開いて両手をバンザイに

できれば怖がっていないということなので、

逆さまの感覚が身に付いていることになります。

もし顎が閉じて体を丸めて強張っていれば、

まだ怖がっている状態なので無理をせず、

少しずつ慣らしてあげてください。

 

しっかりと力がついてくると、抱っこした姿勢から

自分の力で後ろに倒れて遊ぶことも

できるようになってきます。

自分で自由にできるようになるとやはり楽しいので、

どんどん考えていろいろな動きを進んでするようになります。

子ども達が思い切り自分の体を使って遊べるように、

小さい頃からたくさんの経験を積ませてあげてください。