子ども達の生きる力を育てる運動あそびをたくさん取り入れましょう

子ども達の成長において、運動あそびはとても重要なものです。

運動あそびは、体を育てるだけでなく

相手を思いやったり相手と協力したりすることで

社会性を育てたり、生活リズムを整えたり、

学校の勉強につながる基礎の力を身に付けられたり、

日常でのケガ防止につながる力がついたり、

とても多くの力を育てることができるのです。

 

子ども達が意欲的に思い切り遊ぶことができるように、

言葉がけを工夫したり、遊びのアイデアを提供したり、

大人も一緒に楽しみながら遊びを作り上げていくことが

大切です。

 

私たちが提供している運動あそび「柳沢運動プログラム」は、

屋内でも行えて、年齢や発達段階に合わせて

調整ができ、運動が苦手な子でも取り組みやすい内容です。

 

今日はその運動あそびの中から「おつかいカンガルー」

をご紹介します。

子どもは膝の間に紙などを挟み、ジャンプしながら

ゴールまで運びます。
少しでも膝が開いてしまうと紙が落ちてしまうので、
落とさないように意識をしっかり行き届かせておくことが
大事になります。

もし、すぐに落としてしまう場合には

ハンカチやタオルなど少し厚みがあるものにすると

やりやすくなります。


また、一定のリズムでジャンプをするためには
腕振りも重要なので、腕を振ることも忘れないようにします。

 

ジャンプ遊びは効果的に腹筋や足の筋力を育てられ、
足の指先の踏ん張る力も刺激できて
バランスをとる力につながります。

最初は直線コースで行い、
慣れてきたらジグザグや円こコース、
障害物のあるコースなど、いろいろなコースを作ったり、

楽しいストーリー設定にして
繰り返し遊んでみてください。