日常的な取り組みで運動不足を解消することが大切です

今の時代、大人だけでなく子ども達も運動不足が

問題となっています。

単に運動をしていないだけではなく、

日常生活の中での身体活動も少なくなっていることが

さらに運動不足に拍車をかけています。

子どもの運動不足は、体力や運動能力の低下、肥満や

生活習慣病のリスク、社会性の未発達など、

心身の発育を妨げる非常に大きな問題につながります。

運動をしている子ども達でも、特定のスポーツに

偏っていることが多いので、

日常的な遊びを通した活動がやはり大事です。

 

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳沢運動プログラム」の中から「ジグザグ片足クマ」を

ご紹介します。

 

ビニールテープなどでジグザグコースを作ります。

この中を、片足クマ歩きでジグザグに進んでいきます。

片足クマは、四つん這いから膝とお尻を上げたクマの姿勢から

さらに片方の足を後ろに上げて3本足で歩きます。

 

片足を後ろに上げているのでバランスをとる力が

より強く必要になり、体幹の筋力が養われます。

また、腕にかかる負荷も4本足の時よりも増すので

腕の支持力も強くなります。

 

そしてジグザグコースなので、タイミングよく

スムーズに方向転換をしていくことが大事です。

そのため、身体コントロール力や先を読む力、

空間認知力といった力も養われる遊びです。

コースの線をテープではなく三角コーンなどにすると、

点と点を線としてとらえながら行うことになるので

より空間認知力が刺激されて、アレンジとしておすすめです。

 

子ども達が繰り返し楽しみながらできるように、

工夫したりアレンジを加えながら

提供していくことがとても大事ですね。