大人の上手な関わりで子どもの育ちは良い方向に伸ばせます。

2月も半ばになり、新年度から小学校に入学するお子さんを

お持ちの保護者の方は、期待と共に漠然とした不安も

感じられているのではないでしょうか。

 

新しいことばかりの学校生活でしっかりやれるだろうか。

お友達とうまくやっていけるだろうか。

勉強についていけるだろうか。

など、小学校での生活は保育園や幼稚園までの生活とは

大きく変わることがたくさんあるので、様々な心配事があると思います。

しかし、すべてのことを他の子ども達と足並みを揃えて

できるようにならなければいけないということではありません。

大人の価値観だけで決めずに、子どもの良いところを

良い方向に伸ばしていってあげられるように

導いてあげることが大事だと思います。

 

私たちもそんなことを頭におきながら

日々運動あそびの指導を行い、子ども達の育ちにつなげていきたいと

思っています。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび「柳沢運動プログラム」の

中から「おつかいリレー」をご紹介します。

 

スタートラインから少し離れた場所に、

おつかいで取ってくるものを複数置いておきます。

絵カードでも、ぬいぐるみや帽子などの物でも良いです。

 

子ども達は4~6人くらいでチームを作り、

順番を決めたら、指導者は取ってくるものの指示を出します。

1番目の子が指示されたものを取ってきたら、

2番目の子というように、リレー形式で行います。

1番早く全員がゴールしたチームの勝ちです。

 

実践の前に必ずチームごとの作戦会議の時間をとってください。

作戦会議では、順番を決めたり勝つためのやり方などを

話し合うようにします。

1回戦と2回戦の間にも時間を設けるようにしてください。

 

指示を出す時には、「りんご」と言うのではなく

「赤くて丸い果物。英語で言うとAppleだよ。」などの

いくつかのキーワードを伝えるようにします。

答えがわからない場合はチーム内で相談してもOKですが、

慣れてきたら相談なしでチャレンジしてみましょう。

 

指導者の出すキーワードから対象物をイメージし

持ってこれることで、イメージ力や判断力、

語彙力などが育ち、

体を動かしながらもそれを忘れないよう保持したり、

リレーの順番を覚えておくことで記憶力や集中力。

そして作戦会議や協力して行うことで、

社会性やコミュニケーション能力なども

しっかりと養っていくことができます。

 

子ども達の年齢によって大人の関わり方も変わってきますが、

できるだけ子ども達での話し合いにし、

必要に応じて大人がヒントを与えるようにして

子ども達の力を最大限に伸ばしていきましょう。