睡眠不足は子ども達の成長発達にあらゆる悪影響を及ぼします。

「寝る子は育つ」という言葉の通り、

やはり子ども達の健やかな成長において睡眠はとても重要です。

小学生の睡眠時間は、学年によりますが8~10時間は

必要とされています。

しかし、塾や習い事、ゲームやスマホなどの影響で

今の子ども達は睡眠不足に陥りやすくなっています。

 

睡眠中は、体を休ませて成長させたり

記憶を定着させる、脳を整理してクリアな状態するなど

私たちが活動するために必要なことが

とてもたくさん行われているので、

睡眠不足は学力の低下や体力・運動能力の低下、

気力・意欲の低下、肥満など様々な問題に

発展してしまう可能性があるのです。

 

現代の生活ではどうしようもないことももちろんありますが、

子どものうちから夜型の生活になるのは

防がなければいけません。

 

まずは大人から、できることから始めてみるという

意識改革が必要です。

 

そして、夜よく眠るためには日中の活動も重要です。

小さいうちから、体を動かすことを習慣つけておけると

良いですね。

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム、

柳沢運動プログラムの中から「方向ジャンプゲーム」を

ご紹介します。

 

指導者がジャンプする方向の指示を出し、
子どもはそれをよく聞いて、指示された方向に

両足ジャンプで動きます。


指示は「前」「後ろ」「右」「左」で行い、

慣れるまでは「前」と「後ろ」の
2方向だけで、慣れたら4方向にします。

途中からスピードアップしたり、

「前、左、後ろ、右」など順番をランダムに

しても難易度が上がり、楽しめます。

 

聞く力、集中力、判断力、方向の認識力などが
養われる遊びなので、少しずつ難易度を上げながら

楽しく遊んでみてください。