遊びをベースに、子ども達の成長の土台を育んでいきましょう。

子どもには、「勉強も運動もできる子になって欲しい」という

思いを持っている方はとても多いと思います。

そのため、幼いころから早期教育を謳う幼児教室や

習い事などに通わせるというご家庭も多いです。

 

しかし、勉強や運動の土台になる部分は

そういう活動ではなく、本来は子ども達自らが

「遊び」の中から身に付けていくもので、

その方が効果的でスムーズなんです。

 

やはり子ども達は、楽しいことや好きなことには

しっかり集中して取り組むことができるので、

どんな活動でもそれを頭において提供することが大事です。

私たちは、運動あそびを幼児期の子ども達に

提供していますが、子ども達がワクワクしながら

夢中になって遊べるように様々な工夫をしています。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳沢運動プログラム」の中から「三角コーンの積み重ね」を

ご紹介します。

 

三角コーン(なければカップ)を複数用意します。

体育座りのように膝を曲げて床に座り、

両手は肩幅で体の後ろについておきます。

この姿勢で両足でコーンを挟んで持ち上げ、積み重ねていきます。

 

慣れてきたら、できそうな子は両手をつかずにやってみたり

何秒でいくつ積めるか競争してみたり、

小さめのカップで挑戦してみたり、

いろいろなやり方で遊んでみてください。

 

足を使って行うことで、足を持ち上げるための

腹筋や大腿四頭筋が鍛えられたり、

足先は体からの距離が遠いので

空間認知力が養われる効果もあります。

腹筋や太腿の筋肉は、良い姿勢を保って座るためにも

重要な筋肉なので、勉強面でも役立ちます。

 

ぜひ楽しいアレンジや働きかけで工夫しながら

繰り返し遊んでみてください。