発達段階に合わせた指導がより効果的に子どもの成長を促します。

「スキャモンの発達・発育曲線」というものがありますが、

これは子どもが生まれてから大人になるまでの間に

どの器官や機能がどんなペースで発達していくのかを

示したグラフです。

一般型、神経型、リンパ型、生殖型の曲線があり、

それぞれに別々の発達をしていきます。

つまり、時期によって吸収しやすいものが違うということです。

 

生まれてからまず最初に発達する力は神経型で、

4歳から5歳頃までに80%程度まで発達が進みます。

この時期に、子どもが成長していくための基礎的な部分の発達が

急速に進むので、乳幼児期にはたくさん体を動かして

いろいろな感覚を刺激してあげることが大切になります。

 

私たちが運動遊びを提供する時も、

こうしたことを大事にしながら指導しています。

 

今日は、私たちが提供している運動遊び

柳沢運動プログラムの中から「なぞなぞ横跳び」を

ご紹介します。

 

まず、赤と緑など2色の縄を床に並行に置き、

子どもはこの2本の縄の間に入ります。

そして指導者が指示を出すので、

指示された色の縄を両足を閉じた横跳びで跳び越します。

 

色の指示は「赤」だけでなく

「いちごの色」「緑じゃない方」「先生の服と同じ色」など

少し考えて行なうようにしていきます。

時には「白」などそこにない色でひっかけを

入れてみるのもおすすめです。

ただ動くだけでなく、考えながら動くことがとても大切です。

 

また、跳ぶタイミングも自分勝手に行うのではなく

「せーの」の合図に合わせて友達と一緒に跳ぶようにすると

社会性や抑制力なども育てられます。

ジャンプの時も、両足を揃えて跳ぶことや、

着地でできるだけ音を立てないことなども少しずつ意識し

いろいろなところに意識を向けられるように

していけると良いですね。