子どもの成長には全力を出す経験も必要です。

今の子ども達は、全力を出して動くという経験が

少なくなっています。

例えば保育園や幼稚園の運動の時間がきちんとあって

トータルでの動いている時間が同じでも、

ただ歩いている程度なのか、早歩きをしているのか、

全力でダッシュしているのかなど、

環境の違いや取り組み内容などによって

子ども達が本気で動いたり全力を出している時間には

大きな差が生まれてしまいます。

 

やはり子ども達の体を育てるためには

全力で走ったり、限界までがんばってみるような経験も

とても大切なことです。

だからといってただ走らせようとしても難しいので、

遊びの要素をうまく取り入れて

子ども達が自ら走りたいと思えるように

工夫してあげることが必要になります。

 

例えば鬼ごっこやしっぽ取りゲームもおすすめです。

ただ、普通にやると動く子が限られてしまったり

衝突事故や子ども同士のいざこざが起きやすかったりと

いろいろな問題が出てくることも多いので、

私たちが提供している運動プログラムのものがおすすめです。

 

また、難しいルールなしでたくさん走らせたい場合には、

紐をしっぽのように後ろにぶらさげて、

その先に丸めたガーゼや紙などを

ガムテープでくっつけておき、

それが地面について汚れないように

思いっきり走ってみるようにするだけでも良いです。

先生だけがしっぽをつけて、子ども達がしっぽ取りに

行くやり方でも子どもは全力で走ると思います。

 

もちろんその都度褒めてあげることで

楽しく走ることができ、もっとがんばろうという気持ちも

養えます。

「やらせる」のではなく、自ら「やりたい」と思えるような

運動あそびを、たくさん提供していきたいですね。