ジャンプあそびで体作り!

子ども達はジャンプ遊びが大好きですよね。

ジャンプ遊びは体作りのためにもとても良い遊びです。

ぜひたくさんやらせてあげて欲しいですが、

やはり楽しいだけでなく、その効果を高めるためには

意識したいポイントがあります。

 

それは、両足を閉じてジャンプをすることです。

まだ2歳や3歳だと足がバラバラのジャンプが多いですが、

4歳5歳になってくると両足を揃えてジャンプを

することができるようになってきます。

 

両足を揃えたジャンプをすることで

足の筋力や腹筋背筋などがしっかりと刺激されて育ち、

縄跳びの上達につながったり、

普段の生活でも姿勢保持や転倒防止などにつながります。

 

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム、

柳澤運動プログラムの中から「跳び箱からフープ内ジャンプ」

をご紹介します。

 

低めの跳び箱とフープを用意し、

フープは跳び箱の前に着地位置の目印として置きます。

子どもは跳び箱の上に乗り、

フープの中をめがけてジャンプし両足で着地します。

 

ジャンプをする時は腕を振ること、

跳ぶ時も着地をする時も両足を閉じて行なうことが

ポイントです。

着地もフラフラせずピタっと止まれるようにしましょう。

 

この遊びでは、跳び箱からフープまでの距離を計算し、

それに必要なジャンプの大きさ、力加減などを

イメージして行なうことで

空間認知力や身体コントロール力が養われます。

 

慣れてくるとフープを遠くしたり

跳び箱を高くしたりしがちですが、

怪我のリスクが高まります。

安全に難易度を上げるやり方としては、

フープを左右にずらす、

フープを3つ4つとつなげて、着地の後に

連続ジャンプをするなどがおすすめです。

 

ぜひ安全で楽しく、効果的なジャンプ遊びを

継続しながら、子ども達の体作りをサポートしていきましょう。