運動あそびで生活力の向上にもつなげていきます。

毎日の生活の中でも、保育園や幼稚園、小学校など

集団生活の場でも、時計を見て時間で行動することは

スムーズな生活のためにとても重要なことです。

特に小学校に上がる前にはしっかりと身に付けておきたい

力でもあると思います。

 

しかし、まず時計を読むためには

数字や短針と長針、目盛りなど多くの情報を知り、

理解しておくことが必要になります。

そして、少しずつ時計を見て行動するという力に

つなげていくことになりますが、

あまりお勉強感覚にならないように

ゲーム感覚で興味を持てる工夫をしたり、

生活の中にうまく組み込みながらできると良いですね。

 

 

私たちが提供している運動あそびプログラムは

生活力向上にもつながるように作られているので

幼児期の子ども達にたくさん遊んでほしいと思います。

 

今日はその運動あそびの中から「合図でダッシュ」を

ご紹介します。

子ども達はスタートラインに立ち、

かけっこのスタート姿勢をとります。
そしてスタートの合図があったら
ゴールに向かって走り、ゴールラインを越えずに
ゴールラインの上でピタッと止まるようにします。


走り抜けるのではなく止まることで
足の踏ん張り力を育て、
空間認知や身体コントロール力、
バランス力などの向上になり、衝突などの

怪我の防止にもつながります。

 

できるようになったら、スタートの姿勢を体育座りや
後ろ向きにうつ伏せの姿勢などで待つようにしたり、

合図の出し方を変えてみながら

少しずつ難易度をあげていきます。
そうすると、さらに機敏性や柔軟性を養いながら
聞く力、集中力や抑制力も育てていくことができます。

 

子ども達の年齢や発達段階、今育てたい力などに

合わせながら楽しく効果的な運動あそびを

たくさん提供していきたいと思います。