子どもが何かに挑戦していくためには「自信」の土台があることが必要です

子ども達は、日々いろいろなことを覚えていき

少しずつできなかったことができるようになっていきます。

この中には本人の意思に関わらないところも

ありますが、やはり子ども達が何かできないことに対して

前向きにチャレンジしていくという姿勢が

あることがとても大事です。

 

そしてそのためには、子ども自身に「自分はできる」という

自信があることが必要です。

ぜひ、日々の生活や取り組みの中で

子ども達の自信や自己肯定感といったものを

高めてあげられるように意識していきましょう。

 

 

今日は、私たちが提供している運動療育プログラムから

「逆上がりキック」をご紹介します。

 

鉄棒を逆手で握り、肘を曲げて脇をしめ

体を鉄棒に引き付けておきます。

足は前後に開き、前の足は鉄棒よりも前に出します。

鉄棒上には風船などの目標物を掲げておき、

鉄棒を握ったら目視します。

 

そのまま足を蹴り上げて片足で目標物をキックし

逆上がりをします。

逆上がりまでできない場合は補助で回してあげます。

 

逆上がりができない理由の1つとして、

足をどこに向かって蹴り上げたら良いかわからず、

前方向に蹴りだして体が流れてしまうことです。

このように目標物があることで蹴る位置がわかり、

逆上がりの達成につながりやすくなります。

途中で視線がずれると顎が開いて

失敗しやすくなるので、

跳ぶ瞬間も跳躍中も目標物から目を離さずに

回れるように声掛けしていきましょう。

 

まだ回れない子も、補助で回れることで感覚が

つかめてきます。

適度に必要な補助も行いながら、ただ勢いで回るのではなく

1つ1つの力を意識しながら逆上がりができるように

導いてあげましょう。