どんなに良い活動も押し付けになってしまうと逆効果です。

運動することが私たちの体にたくさんの良い影響を

与えてくれるということは

すでに広く知られていることですが、

いくら良いからといっても人に押し付けられて

やっていれば、やはり運動を嫌いになってしまうものです。

 

子どもの時に運動を嫌いになってしまうと

大人になってからも運動を習慣つけて行なうのは

難しくなるので、強制的にやらせたりするのではなく

楽しい運動を取り入れていくことが必要です。

ぜひ子ども達の成長を長期的な目線で見て、

日々の関わりをしていきましょう。

 

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

柳澤運動プログラムの中から「忍者歩きでダッシュ」

をご紹介します。

 

子どもは忍者に変身して、足音を立てないように

静かに移動します。

動機付けとして、敵のお城に忍び込むなどの

設定にするのがおすすめです。


足音を立てないように歩くには、姿勢を低くして

つま先歩きで、足を高く上げずに
すり足のように動かすと静かに進めます。
子ども達と一緒に、どうすれば足音を立てずに

速く進めるか考える時間を作っても良いです。

歩くことができたら、次は走ってみましょう。

 

すり足で歩くといつもと違う歩き方になるので、

体をコントロールする調整力やバランス力が育ちます。

転びやすい子におすすめな遊びでもあるので、

ぜひ楽しいストーリー設定なども考えながら

遊んでみてくださいね。