子どもの生きる力を育てる働きかけや取り組みが必要です。

最近では、小学校生活に必要な力が身についていないまま

入学し、学校生活がスムーズに進まないという

子ども達が多くいます。

 

鉛筆が正しく持てない、椅子に座っていられない、

プリントが綺麗に折れない、立ったままで靴や

靴下が履けないなど、基礎筋力が備わっていなかったり、

体をうまく使いこなせていない子がとても多いのです。

 

運動不足や現代の便利な生活の中での経験不足などで

筋力や感覚が育っていないケースが多いので、

積極的に家庭でのお手伝いをやってもらったり、

歩ける距離のところには歩いて行く、

休日はできるだけ体を動かして遊ぶなど

日常生活の中で少しずつ意識をしてあげることも大切です。

 

私たちも、子ども達ができるだけ多くの体の動かし方、

使い方を経験し身に付けていけるように

楽しい運動あそびを提供し、

子ども達の体だけでなく脳や心の発達も促せるように

運動指導を行なっています。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

柳澤運動プログラムの中から「ケンケン遊び」を

ご紹介します。

 

子ども達は指導者を先頭にして縦一列に並び、

前の人についてケンケンで進んでいきます。

前の人にぶつかったり、間が空きすぎたりせず

一定の間隔を保てるように気をつけます。

 

そして、右足の次は左足のケンケン、

たまに両足ジャンプを入れたり、

8の字に進む、障害物の下をくぐる、壁にタッチする

など他の動作をプラスしたりしても楽しめます。

また、前の人の動きをよく見ていないと

できないので、集中力や抑制力、模倣力なども

養われる遊びです。

 

こうしたジャンプ遊びでは、腹筋なども育てることができ、

立ち姿勢や座り姿勢の改善にもつながります。

ぜひいろいろなアレンジで楽しく遊びこんでみてください。