回転感覚はできるだけ小さいうちから育ててあげることが大切です。

鉄棒遊びは代表的な子どもの遊びの1つですが、

苦手な子も少なくありません。

小さい頃に高所感覚や逆さ感覚が身についていない子は

どうしても楽しさよりも恐怖心を感じてしまい、

どんどん鉄棒から遠ざかってしまいます。

 

一度恐怖心を持ってしまうと、それを取り除くのは

とても時間と手間がかかるので、

そうなる前にしっかりと遊びの中で感覚を

身に付けておくことが大切です。

 

できれば2歳頃から大人が補助について

鉄棒で回してあげると良いと思います。

この時の回り方は、前回りよりも逆上がりの方が

おすすめです。

なぜかというと、前回りは足が宙に浮いた状態から

何もないところに向かって頭を高いところから

下ろしていくので、恐怖心を抱きやすくなります。

一方逆上がりは、足を地面につけた状態から

足を上に上げていくので、余り怖さは感じません。

 

2歳ころになるとほとんどの子が鉄棒ぼぶら下がりが

できてくる時期なので、ぶら下がりができるように

なったら、ぜひそこから大人が足を持ち上げて

くるっと一回転させて、回転する感覚を身につけさせて

あげましょう。

 

回ることが「楽しい」のか「恐怖」なのかは

その後の運動にも大きく影響してくるので、

小さいうちから大人の補助でいろいろな動きを

経験して遊ぶことで、

力と感覚をしっかり育ててあげたいですね。