跳び箱が跳べる子と跳べない子の見極めポイント!

跳び箱は、保育園や幼稚園、小学校で取り組むので、

跳び箱が跳べることは子ども達にとって

自信やステータスになるものです。

ぜひ、日頃からの積み重ねでスムーズに跳べるように

してあげましょう。

 

跳び箱を跳ぶ時に、跳べる子と跳べない子では

肩とお尻の位置関係を見ると一目瞭然です。

跳び箱の上にしりもちをついてしまったりして

うまく跳び越せない子は、お尻の位置が下がっています。

跳び箱を跳び越す時には、手をついて一度上半身に重心が乗り

肩よりもお尻が上がるくらいになっていないと、

なかなか跳び越せません。

 

なので、まずは手で体重をしっかり支えられるように、

いきなり跳び箱ではなく平地で力をつけていきましょう。

 

今日は、私たちが提供している運動あそびの

柳澤運動プログラムの中から「ウシガエルのフープ渡り」を

ご紹介します。

 

フープを5本ほど縦に並べてコースを作ります。

このフープの中だけに手足をついて、

ウシガエルで進んでいきます。

まず手をフープの中につき、

次に足を同じフープの中について、

手→足→手→足の順番に前に出して進みます。

 

ポイントは、手の位置よりも前に足をつくことです。

なので、手をつく位置、足をつく位置を考えながら

動きをコントロールして行なう必要があります。

焦ってしまうと、手足同時にジャンプしてしまったり

足がフープからはみ出してしまったりするので、

ゆっくりで良いので確実に行ないましょう。

 

いろいろなウシガエルさんで、

腕の支持力、体の動きをコントロールする力を育て、

跳び箱だけでなく今後の様々な動きの習得にも

つなげていきたいですね。