子どもの”できないところ”にばかり目を向けていませんか。

大人はつい、子どものできないところにばかり

目がいってしまいがちです。

できていることの方が多いのに、できていないことを

見つけて咎められては子どももやる気がなくなったり

自信も低下してしまいます。

もちろん苦手なことがあれば、そこを伸ばせるように

してあげるのは良いですが、

それと同時に子どもの良いところ、得意なことを

伸ばしたり、良い方向に活かしていけるような

働きかけをしていくことがとても大切です。

 

運動をするときも同じで、最初から完璧にできる人は

いないので、その子のペースで

1つ1つステップアップしていくことで

自信をつけながら進めていくことが大事です。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳澤運動プログラム」の中から

鉄棒の逆上がりにつながる遊び「サルのボール上げ」

をご紹介します。

 

子どもは鉄棒に両手でぶら下がりますが、

脇を締めて腕を曲げた状態でぶら下がるようにします。

そしたら鉄棒の下にあるボールを両足の親指の

内側で挟んで持ち上げ、そのまま遠くまで飛ばします。

 

コツは、ぶら下がった時に腕が伸びてしまうと

ボールを遠くまで飛ばせないので

腕に力を入れてしっかり曲げておくこと、

ボールを足先で挟んだ後に少し体を前後に揺らして

反動を付けてから飛ばすことです。

 

ボールを飛ばすことができるようになったら、

次は鉄棒の前にいる指導者に向かって

パスをするように渡してみます。

この時、指導者は手を出す位置を少しずつ高くして

子どもが足を高く上げられるように促していきます。

そうすると、逆上がりの足の蹴り上げにも

つながってきます。

 

普段の遊びや親子遊びの中でも、何かにぶら下がったり

しがみついたりする遊びを積極的に行い、

鉄棒あそびに必要な力を自然に身に付けていけると

いいと思います。