楽しみながら本気を出せる工夫で効果的に力を伸ばしていきましょう。

子ども達が鉄棒あそびをするのにまず必要になる力は

腕の懸垂力ですが、懸垂力をつけさせるために

子ども達にただ鉄棒で懸垂をやらせても、

おもしろくないのできっと継続はできないですよね。

継続できなければ力にはなりません。

 

子ども達が何かに取り組み、それを自主性を持って

継続していくためにはそこに楽しさの要素を

入れてあげることが一番のポイントになります。

そして、楽しさを感じるために手っ取り早いのは

「競争」の要素を取り入れることです。

競争になると、子ども達は自分の力を限界まで出して

本気でがんばるので、力も育ちやすくなります。

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム

「柳澤運動プログラム」の中から

「腕曲げ我慢ゲーム」をご紹介します。

 

鉄棒を逆手に持ち、脇を締めて腕を曲げた状態で

ぶら下がります。

膝も曲げて足を持ち上げ、体を小さく丸めるようにします。

最初は3秒くらいぶらさがれればOKです。

少しずつ長くぶら下がれるようにチャレンジしていき、

慣れてきたら、誰が一番長くぶら下がっていられるか

競争をしてみましょう。

 

脇を締めることがわかりにくい子がいたら、

脇に「魔法ののり」を塗ってくっつける場所を

実際に触ることでわかりやすくしてあげてください。

他にも、腕がしっかり曲がるところまで

お尻を持ち上げてあげたり、

顎を引いてお腹に力を入れるように声掛けしたり

それぞれの子に適した声掛けや補助をします。

 

また、鉄棒の下にはワニさんがいて、

足が下につくと食べられてしまうような設定で

行なってみると、子ども達も楽しみながら

本気の力を出せるのでおすすめです。

 

子ども達の年齢や興味などに合わせながら

いろいろな遊び方を考え、楽しく効率的に

力を育てていきましょう。