運動の時間を有効に使える運動あそびがたくさんあります。

「大縄跳び」は小学校で取り入れられる種目で、

全国大会なども有名ですよね。

少ない人数でも大人数でも楽しむことができ、

クラス全員で行なえば団結力が高まり、

仲間意識や協調性を養うことができる遊びです。

 

この大縄跳びを行うとき、並んで一人ずつ入っていくと

人数が多い場合は待ち時間の方が長くなってしまったり、

全員一緒に入ると誰かがひっかかる度に止まってしまって

なかなか練習が進まない、ということがあります。

 

そんな時おすすめなのが「エアー縄跳び」です。

やり方は、大縄は通常の大縄跳びと同じように回します。

子どもは縄から少し離れたところに並び、

回っている縄を見ながらタイミングを合わせて跳びます。

実際に自分の足元には縄はありませんが、

縄があると思って引っ掛からないように跳びます。

 

跳ぶ時のポイントは、しっかり腕を振りながら

リズムよくその場でジャンプをすることです。

 

このやり方だと全員で同じだけ跳ぶことができ、

誰も引っ掛からないので練習量も運動量も稼げます。

まずは縄を正面から見て跳んでみて、

できたら次は実際に跳ぶ時のように縄に対して

横向きでやってみてください。

 

慣れてきたら、跳びながら手たたきをしてみたり、

回転しながらジャンプをするようなアレンジもおすすめです。

ぜひ、運動の時間を有効に使いながら楽しく活動が

できるように、いろいろな工夫をしてみてください。