良くも悪くも、子どもは大人を模倣して育ちます。

「子は親の鏡」という言葉がありますが、

子どもが言葉や動作などを獲得していく時には

親の模倣から覚えていきます。

そして、親が楽しくやっているかいないか、

強いストレスを抱えているかどうか、

自己肯定感が高いか低いか、なども

子ども達にとても影響を与えます。

 

まずは親がゆったりと楽しく過ごしながら

子育てをしていくことが、子ども達の成長においては

とても大切なことだと思います。

 

運動あそびの指導でも、大人が楽しくやっているか

どうかが実はとても重要なポイントです。

大人が楽しんでいると、子ども達も自然と興味を持ち

入ってきてくれます。

楽しい時間を共有しながら、うまく子ども達の能力を

引き出し、伸ばしていくことが大切です。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳澤運動プログラム」の中から

「カメさんゴロゴロ」をご紹介します。

 

子どもはうつ伏せに寝転がり、体を反らせて

両手で両足首を持ち、カメさんの姿勢になります。

雷の「ゴロゴロ~」という声が聞こえたら、

手を離して素早く床にべたっとなりましょう。

音が止んだらまたカメさんに戻ります。

 

これを繰り返しますが、時々「ゴ…ゴ…ゴリラ」など

違う言葉で引っ掛けを入れてみると盛り上がり、

聞く力や判断力なども養われます。

また、慣れてきたら

「雷だ!」と言った時は膝を抱えて丸い石になる。

「カラスがきた!」と言った時はしゃがんで

頭を抱えた姿勢になるなど、

いろいろなパターンを織り交ぜて遊んでみてください。

 

このカメさんのポーズは、腹筋や背筋、首の筋力を

使うので、瞬発的な力を発揮するのに必要な力を

つけていくことができます。

体の柔軟性なども必要なので、継続して取り入れて

繰り返すことでしっかりと育ててあげることが大切です。

 

簡単にできる遊びなので、ぜひ日常的に行なってみてください。