1つの大きな成功体験より小さくても多くの成功体験を。

私たちが運動あそびを提供する時には、

子ども達が達成感や成功体験を多く積んでいくことが

できるようにしています。

 

なぜなら、達成感や成功体験は多く感じるほど

その子にとっての自信になります。

また、成功体験によってドーパミンやセロトニンといった

脳内物質の分泌が盛んになりますが、

これらの脳内物質は、ワクワクしたり幸せを感じた時に

出るもので、いわゆる充実感を感じることができます。

 

ぜひ、運動の場面だけでなく日常の生活の中でも

大きな1つの成功体験を目指すよりも

小さくてもたくさんの成功体験を感じられるように

考えながら子ども達と関わってみてください。

 

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

柳澤運動プログラムから「焼いも」をご紹介します。

 

マットを何枚か縦につなげて並べ、コースを作ります。
子どもはマットの上に横向きにうつ伏せの姿勢で

寝転がります。
両手はバンザイのように上にまっすぐに伸ばし、
足もまっすぐにして閉じておきます。
このままの姿勢を維持しながら、横に回転していきます。
手足が曲がると進行方向も曲がっていってしまうので、
手足をまっすぐにした状態を意識しながら行ないましょう。

 

この遊びは、平地で回転感覚が養える遊びです。
他にも腹筋や背筋の力、体の一部分を固定したまま動くことで
全身の筋力調整をする力などが育ち、
今後の様々な運動の基礎となります。

 

指導者が押して転がしてあげる「焼きいも洗い機」や、

2人ペアで手をつないだり、1つのフープを2人で持って

転がりながら運ぶなど、アレンジは自在にできますので、

ぜひ子ども達の様子に合わせて育てたい力を

効果的に育てていけるように遊びを発展させてみてくださいね。