スモールステップで成功体験を増やしながら上達につなげることが大事です

私たち大人は、日常生活の中で子ども達に

ついあれもこれもと多くを求めてしまうことがあります。

その中には、実は大人でも難しいようなことも

あるのではないでしょうか。

 例えば、2つのことを同時にやろうとすると

大人でもうまくできないのに

子どもにやらせようとするのは無理というものです。

 

運動でも同じで、これができたら次の段階、

それもできたらまた次の段階、というように

1つ1つステップを踏んでいくことが大切です。

 

また、その時にも1つ1つをしっかり評価してあげながら

次へのステップにつなげていくことが大事です。

まずは今できたことやよかった点を伝えて褒め、

そこから改善点を伝えたり、次に目指す姿を伝えたりすると

子どもも受け入れやすくなって

また次がんばってみようという気持ちになります。

 

スモールステップで、小さな成功体験をたくさん

積んでいけるようにしていきましょう。

 

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

「柳澤運動プログラム」の中から

「お布団折り」をご紹介します。

 

鉄棒の前回りの前段階の遊びです。

低めの鉄棒を用意し、鉄棒が子どものおへその少し上に

くるように巧技台に乗るなどして高さを調整します。

 

鉄棒を両手で握って上に乗ったら、

ゆっくり上半身を前に倒していき体を折り曲げます。

頭が下まで下がったら、手を離して

お布団を干したような姿勢になります。

顎は開いて床を見るようにしましょう。

慣れてきたら体を前後にブラブラと振ってみてください。

 

高さに慣れるための遊びではなく

鉄棒をお腹で挟む感覚を覚えて慣れるための遊びなので、

低めの鉄棒で行い、ぶさらがった後に手を離すのが

怖い子は無理に離す必要はありません。

 

前回りをした時にお腹でしっかり鉄棒を挟めていると、

自分で回転スピードがコントロールできます。

早い段階から低めの鉄棒でこうした遊びを

行なっておくことで、いざ前回りをする時にも

恐怖心を抱かずにできるので、

ぜひいろいろな遊び方で感覚を育てていきましょう。