今の発達段階を知ることが子どもの力を伸ばすことにつながります

子ども達に指導をする時大事なことは、

その子が今どの段階にいて、どんなことが得意で

どんなことが苦手で、何に興味を持っているのか

というように細かく知ることです。

それがわかれば、どんな指導方法が効果的かや、

できないことがあった時の具体的な対策や対応方法が

見えてきます。

 

例えば鉄棒でぶら下がり遊びをする時に

子ども達を見てみると、大体2パターンに分かれます。

体全体が伸びて手の握力だけでぶら下がっている子と、

足を曲げて持ち上げた状態でぶら下がっている子がいます。

足を持ち上げられている子は、

大腿筋や腹筋が育っているので、走り方や

ジャンプの仕方を見ても安定感があります。

そうではなく体がだらーんと伸びてしまっている子は、

やはり筋力も弱いので普段の姿勢が悪かったり

まっすぐ走れなかったり、転びやすかったりします。

 

こういう部分で見てみると、その子の得意や苦手、

そして補いたい力などが見えてくるので、

成功体験をたくさん積みながら

ステップアップしていけるように遊びを提供します。

子ども達が無理なく効果的に力をつけていくには

やはり今の段階を正確に把握しておくことが大事なので、

普段の生活全体で子どもをよく見て

持っている力を良い方向に伸ばしていきましょう。