運動発達でも0歳児からの積み重ねが大事です。

子ども達の発達は段階を追って進んでいくので、

それに沿った働きかけでスムーズな発達を

促していくことが大切です。

 

0歳児では、寝返り、ハイハイ、おすわり、つかまり立ちと

少しずつできることが増えていきますが

まだまだ筋力やバランス感覚は未熟なので不安定です。

ただ、脳の神経系の発達は著しく進んでいる時期なので

様々な感覚を刺激として入れてあげることが

実はとても重要な時期です。

 

子どもが自分の力だけでは経験できないような動きも

たくさん経験させてあげたいので、

体を上下、前後、左右に動かす遊びや

逆さまになるような遊びも、月齢に応じた遊び方で

取り入れてあげるのがおすすめです。

こうした0歳児からの積み重ねが、数年後の姿に

つながっていきます。

 

 

今日は、私たちが提供している運動あそびの

柳澤運動プログラムの中から「ワニさん歩き」を

ご紹介します。

腕の懸垂力を育て、鉄棒あそびで必要な力をつける遊びです。

 

うつ伏せになり、胸までしっかり床につけます。

両手は指を開いてパーにし、交互に前に出して

腕を引きつけるようにして前に進みます。

足は股関節から開いて、指先で床を蹴るようにします。

 

胸やお尻が上がらないように、見本を見せながら

わかりやすく伝えてあげてください。

足の指先で蹴ることがうまくできない場合は、

子どもの後ろで足の裏を押すように触ってあげます。

 

最近は、足を股関節から開くことが苦手な子が

とても増えているので、日頃から股関節を開くような

遊びを意識して提供してみてください。