継続した取り組みには自発性を促す「楽しさ」が必要です。

 

子ども達には、身につけなければいけないことがたくさんあります。

生活リズム、マナー、学業、体作りなどなど。。

そしてそれらのことは、一朝一夕で身に付くものではなく

継続的な取り組みが必要です。

しかし、何かを身に付けようと思って始めても

継続できないということは、子どもに限らず

大人でもよくあることです。

 

やはり、そこにワクワクするような楽しさや

目に見えて実感できるような効果などの要素が

少ないと、大人でもなかなか続けることが難しいんです。

子どもであれば尚更ですよね。

 

なので、運動でも勉強でも子ども達が興味を持って

自発的に取り組めるかどうかはとても重要です。

私たちはいつも、子ども達が運動することを

好きになってくれるように考えながら

運動あそびを提供しています。

 

今日は、私たちが提供している運動プログラム

「柳澤運動プログラム」の中から

「ジグザグ歩き&動物歩き」をご紹介します。

 

ビニールテープや縄などを使ってジグザグのコースを

作ります。

その時、幅の広いところと狭いところや

角度の大きいところと小さいとこをを作って

変化のあるコースにしておくようにします。

 

子どもはこのコースの中を、線からはみ出さないように

まずは歩いて進みます。

できたら、次は走って進んでみます。

それだけではすぐに飽きてしまったり、

スピードを出しすぎると怪我にもつながるので、

慣れたら次はクマ、ウサギ、カンガルー、カエルなどの

動物の動きで行います。

 

コースがジグザグで、道幅も場所によって違い、

さらに動物の姿勢で進むことで、

空間認知力や身体コントロール力などが強く養われます。

より発達を促すために、次のステップでは

コースの線をヨーグルトのカップなどを間隔を空けて

置いて作ってみたり、動物の動き以外に後ろ向きで

進んでみるなどのアレンジもおすすめです。

 

アレンジでは、スピードを競うアレンジではなく

体を器用に動かして巧緻性を高めるように

考えていくのがポイントです。

子ども達の興味とも合わせながら、

ぜひ自分達だけの楽しい遊びを考えてみてください。

コース作りなどを子ども達と一緒に行なうのも

おすすめですよ。