生活全般で子どもの育ちを促す関わりや働きかけが大切です。

子どもを育てていく中で、「褒める」ことはとても重要な

行為ですが、何でもやみくもに褒めれば良いと

いうわけではありませんよね。

心のこもっていない言葉は子どもも簡単に見抜きますし、

具体的に褒めずに、ただ「すごいね!」ばかりだったり、

「子どもに〇〇をしてほしいから」などの思いがあったりすると

褒めることによる効果はきっとなくなってしまいます。

また、何かができた時だけ褒めるというのも良くありません。

 

取り組んできた姿勢やがんばりを褒めたり、

できたポイントを具体的に言葉にして褒めたり、

時にはできなかったことも認め共感しながら

その子の育ちにおいて一番効果的な方法を見つけ、

子ども自身が「自分が好きだ」とか「自分ならできる」という

気持ちを持って前向きに進んでいけるように、

大人がサポートしてあげることが大切です。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび、

「柳澤運動プログラム」の中から「イメージ縄跳び」を

ご紹介します。

 

大縄跳びを跳びながら、指導者の出す問題に答える遊びです。

縄の位置を意識して一定のリズムで跳びながら、

別の思考をすることはとても頭を使います。

最初は簡単な質問から始め、慣れてきたら

「赤い食べ物を3つ」や「黄色くて細長い果物は?」などの

問題に挑戦するようにしましょう。

 

また、1人だけで行なう以外に2人や3人で

縄に入って一緒に跳びながら、前の人から順番に

問題に答えていく、などの遊び方もおすすめです。

 

子ども達に合わせて、楽しいあそびにしてみてください。