子ども達が自分のペースでステップアップできるような関わりが大切です

同じ学年・年齢の子ども達でも、体格に差があり、

体力や運動能力、筋力なども個々に違っています。

なので、運動指導をした時には簡単にできてしまう子が

いれば、なかなかできない子もいます。

 

 

できていない子には上達を促す練習や声掛けが

必要になりますが、気をつけなければいけないのは

できていない子ども達を全員ひとまとめにして

しまってはいけないということです。

同じ「できない」でも、ぞれぞれのできない理由は

異なっていますし、あと少しでできる子と

まだまだできるまで時間がかかりそうな子と

どちらもできていないことに変わりはありませんが、

段階は違います。

 

まずはその子が今できているところを具体的に

褒めて自信ややる気につなげながら、

その子が向上していけるような取り組みや声掛けを

することが大切です。

そのためにも、指導者がステップアップの方法や

段階を知っていることがとても重要になってきます。

 

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

柳澤運動プログラムの中から「縄越えウシガエル」を

ご紹介します。

 

昨日の記事でご紹介したウシガエルが上達してきたら、

少しずつ跳び箱の跳び越しにつながるように

今度は少し高さのある障害物を跳び越える

ウシガエルに挑戦してみてください。

 

障害物はゴム紐などを使って設置します。

ウシガエルの手→足→手→足の順番で進んできて

ゴム紐の前まできたら、両手をゴム紐の向こう側に

ついて、一度足に力を入れてから跳び越します。

 

高さのある障害物を跳び越すので、

通常のウシガエルの時よりも腕に全体重がかかり

負荷が大きくなります。

跳び箱を跳び越すためにはこの動きが必要になりますが、

まだ力が不十分だと支えきれずに

腕が曲がってつぶれてしまいます。

慣れるまではマットを敷いた安全なところで

練習するようにしてください。

 

また、最初からうまくできるわけではないので、

縄ばしごやフープを使った基本のウシガエルも

並行して行いながら、少しずつ上達につなげましょう。

一度できるようになった動きも、

繰り返し行なうことでしっかりと自分のものになり、

動きが洗練されたりさらなる上達につながっていきます。