毎日の塾や習い事で疲れを訴える子ども達が増えています。

今の子ども達はほとんどの子が塾や習い事に通っていて、

子どもに勉強をして欲しいという思いから

学習塾だけでなく幼児教室やプログラミングなども

人気が高まっていますよね。

 

そんな中、1週間毎日何かしらの習い事に通っていて、

家でゆっくりしたり友達と遊べる時間がほとんどない、

という子ども達がとても増えています。

疲れを感じている子も多く、せっかく習い事に行っても

集中できなかったりやる気も出ないので、

なかなか成果も出ないということもあるようです。

 

時には見直してみたり、子どもと話すことも大事に

しながら、よりよい成長につなげていくことが大切です。

 

そして子ども達は体を動かすことが大好きなので、

運動で頭と体と心をリフレッシュできる時間も

大事にしてほしいと思います。

 

今日は、私たちが提供している運動あそび、

柳澤運動プログラムの中から「手足逆グーパー」を

ご紹介します。

 

全身を使って「グー」と「パー」を表現するのが

グーパー跳びですが、今回は手と足で反対の動きをします。

手がグーの時、足はパー、手がパーの時、足はグーに

なるので、まずはしっかり動きを確認しておきます。

 

動きが確認できたら、ゆっくりジャンプをしながら

行なってみます。

手足の動きが一緒になってしまったり

混乱してしまう子は、指導者が前に立って鏡のように

動いてあげるとやりやすくなります。

少しずつ段階を追ってやってみてください。

 

手と足が同じ動きをしたくなる気持ちを抑えて

動きをコントロールする必要があるので、

集中力や抑制力が育ち日常生活での良い効果もあります。

 

頭の体操になる遊びなので、ぜひ大人も一緒に

やってみてください。