子どもが自主的に楽しく遊びながら力を伸ばせる運動あそびプログラムです。

私たちが提供している運動あそびプログラムは、

子ども達が親しみやすい動物の動きを使った遊びが

何百種類もあります。

でも、出てくる動物は犬、クマ、うさぎ、カンガルー、

カエル、オットセイ、ワニ、スズメ、サル、コウモリ

くらいでしょうか。

1つの動物の動きにいろいろなアレンジを加えることで

たくさんの遊びが生まれます。

 

アレンジをする時には、私たちの中にある知能を意識して

子どもの発達段階に合わせたアレンジがポイントになります。

また、子ども達にとっては活動に楽しさがなければ

自主的に取り組むことが難しいので、

「新しいこと」「不安定さ」「競争」「協力や協同」

「緊張感」「危うさ」など、子ども達が楽しめる要素を

うまく取り入れながら運動あそびを行います。

 

今日は私たちが提供している運動あそびプログラム、

「柳澤運動プログラム」の中から

「イメージカンガルーカップタッチ」をご紹介します。

 

赤、黄、緑などの複数の色のカップを床に

ランダムに並べておきます。

子どもは、両足をくっつけて跳ぶカンガルージャンプで

進みながら、指導者に指示された色のカップを

しゃがんでタッチしていきます。

 

「赤」という指示でできたら、次からは「消防車の色」や

「「い」から始まって、甘酸っぱくて

黒いつぶつぶがたくさんある果物の色」など

その色をいろいろな表現からイメージして判断して

行なうようにしてみてください。

 

慣れてきたら、こちらの指示したカップをタッチ

するのではなく、子どもが自分でタッチしたカップの

色の物を言ってみるなどのアレンジもおすすめです。

また、スムーズにできるようになってきたら

時間制限を設けてみると、難易度が上がり楽しめます。

 

子ども達の発達段階に合っていることも

楽しく行なえる重要な要素の1つなので、

今の子どもの段階をしっかりと把握しながら

楽しい運動あそびを提供してみてください。