「できる」体験が子どもの自信とステータスにつながります。

跳び箱でも鉄棒でも縄跳びでも、運動は「できる」「できない」が

目に見えてはっきりとわかるので、

できると子どもにとっては大きな自信とステータスになります。

反対に、なかなかできないと失敗経験の積み重ねで

自信をなくし、チャレンジしなくなっていったり

運動に苦手意識を持って遠ざけてしまうことにもなります。

 

例えば「逆上がり」は、できる子はいとも簡単に

できてしまうのですが、実は達成に必要な力は複数あり、

思っているより難易度が高い動きです。

なので、必要な力を1つ1つつけていくことが必要です。

 

その中の1つ「腕で体を引き付ける力」は、

昔なら木登りなどで自然と身に付けられた力ですが、

今の子ども達には不足している力です。

私たちはこのような、今の子ども達が身に付けにくい力を

運動あそびによって楽しく効果的に育んでいきます。

 

「腕で体を引き付ける力」をつけるために

おすすめな運動あそびはいろいろありますが、

今日はその中から「ターザン」をご紹介します。

 

まず大縄くらいの長さの縄を2つに折りたたんで

鉄棒の真ん中辺りにくくりつけ、

縄が下につかない長さにします。

くくりつける時は、折った縄の輪の中に反対側を

入れて、縄が取れないようにしてください。

 

縄のぶら下がっている部分が輪になっているので、

その部分に足を入れて乗り、両手で縄をつかんで

前後に揺れて遊びます。

 

逆上がりに必要な腕の力をつけるには

ぶら下がりの遊びをたくさんすることが大事なので、

ぜひいろいろなぶら下がり遊びを提供して

あげてほしいと思います。