子どもの能力に合わせたスモールステップの働きかけがポイントです。

「子どもが遊んだ後おもちゃを片付けない」という悩みは

多くの親御さんがお持ちのことだと思います。

やはり、子どもにやりたがらないこと(おもしろくないこと)を

やらせるのは難しいですよね。

 

最初から1人で全て行なうのは難しいことなので、

大人も一緒に片付けてあげることが必要です。

また、何をどう片付けたら良いかがわからないことも

あるので、何をどこに入れれば良いかが目で見て

すぐにわかるように箱に絵や写真などを貼って

分類しておくのもおすすめです。

 

それでも時間がかかると子どもも嫌になってきてしまうので、

ほとんどを大人が片付けて最後の1つを子どもに

片付けさせて達成感が感じられるようにしたり、

ゲーム性を持たせてみたりするなどの工夫も大切です。

そして少しずつ子どもが1人でもできるように

促していくと子どもの自信にもつながります。

 

私たちが提供している運動あそびプログラムでも、

子どもができることから始め、スモールステップで

遊びながら力をつけて自信にしていけるように

指導を行なっています。

 

今日はその運動あそびの中から「しゃがみカニ歩き+障害物」

をご紹介します。

子どもは平均台の上に横向きに乗り、足を開いてしゃがむ

カニのポーズで横歩きをして進みます。

両手はカニのように顔の横でチョキにして固定し、

足はつま先立ちで歩くようにします。

途中、縄やスリッパなどの障害物があるので

当たらないようにまたいで避けて進みます。

 

障害物をまたぐ時は足を高く上げなければいけないので

転ばないように保つ筋力やバランス感覚が必要になります。

最初から高さのある物をおかずに

テープなどの線をまたぐところから始めてみてください。

 

しゃがんだ状態で横歩きをするのは、体の稼動箇所が

制限されるので意外と難しい動きです。

さらに両手は顔の横で固定しているのでよりバランスが

とりにくい状態です。

バランス力や足の指先の踏ん張り力が強く育ち、

全身の筋力調整能力も向上します。

 

全身の筋力調整力が育つと、集団生活などで人の話を

聞く時などに背すじを伸ばした良い姿勢を保つことが

できるようになり、子ども達にはとてもおすすめです。

 

ぜひ楽しく遊びながら力をつけられるように

 工夫して遊びを提供してみてください。