今の子ども達には体を動かせる機会を提供し発達を促すことが必要です。

体をたくさん動かして遊ぶことが、子どもの発育発達に

必要なことだということは広く知られていますが、

今の子ども達は体を動かすことが少なくなっていますよね。

そこで保育園や幼稚園などでも、体を動かす活動を

積極的に取り入れるところが増えています。

体や脳の基礎を作る大事な時期に様々な動きや経験を

することが、子どもの成長発達を促す一番の近道です。

 

私たちは幼児期の子ども達の体・心・脳の発達を促す

運動あそびプログラム「柳澤運動プログラム」を

提供しています。

まずは子ども達が体を動かすことを好きになることが

一番大切なので、楽しく自主的に取り組める工夫を

たくさん取り入れています。

 

今日はその運動あそびの中から

「コウモリでなぞなぞゲーム」をご紹介します。

 

子どもは鉄棒で逆さまにぶら下がるコウモリに

なります。

手足でしっかりぶら下がれたらなぞなぞを出し、
子どもは逆さまの状態で答えます。

 

1つ答えられたら次は2つ、3つとしていきますが、
あまり長時間ぶら下がっていると危ないので
時間を見て行うようにしてください。
なぞなぞ以外にも、〇×ゲームやシルエットクイズなども

おすすめです。

 

手足に力を入れてぶら下がりを維持しながら、

逆さまの世界の中で出されるなぞなぞをよく聞いて判断し、
答えを考え出すという動作は意外と複雑で高度です。

集中力や判断力を向上させたり、

考えながら体を動かすことで脳が活性化するので

少しずつ問題を難しくしたり難易度を上げながら

提供してみてください。