ポイントを押さえた褒め方で子どもの育ちを促しましょう

「好きこそものの上手なれ」ということわざがありますが、

これは本当にその言葉の通りです。

子どもでも大人でも、好きなことや興味のあることには

言われなくても一生懸命取り組み、

どんどん上達していきますよね。

 

そうすると、大人は子どもの頑張っている姿を

自然に褒めたくなると思います。

褒められると子どもはさらに頑張るので、

良い循環が生まれてきます。

お絵かきでも粘土遊びでも、運動でも勉強でも、

子どもが頑張っているなと思ったら、

結果だけを見るのではなく頑張っている過程や姿勢を

たくさん褒めてあげてください。

それが子ども達の自信になり、今後様々なことに

前向きにチャレンジしていく力になります。

 

私たちも、そんなことを意識しながら子ども達に

運動あそびの指導を行っています。

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム、

「柳澤運動プログラム」の中から

「方向ジャンプゲーム」をご紹介します。

 

指導者と子ども達で向かい合います。

指導者が「前」「後ろ」「右」「左」と方向の指示を

出すので、子どもは指示された方向に

両足を揃えてジャンプします。

 

最初のうちは「前」「後ろ」の2方向だけで行い、

指導者も前で一緒に動いてあげましょう。

慣れてきたら「右」「左」も加えて

ランダムに方向を指示して難易度を上げてみてください。

 

子ども達の段階に合わせて足元にテープで四角を描いたり、

四角に切ったマットを置いてその中に入ったところから

始めてみると、方向がわかりやすくなります。

まずは正確性よりも楽しく遊ぶことを大事にしてみてください。

 

2方向を4方向にしたりスピードアップをしていくことで

集中力や判断力がしっかりと養われます。

さらに慣れてきたら、言われた方向と逆に動いてみましょう。

「前」と言われたら「後ろ」と言いながら後ろに

ジャンプします。

そうすることで、考えながら体を動かすことができ、

より強い判断力や集中力、そして頭の切り替え力や語彙力を

養っていくことができます。

脳トレになる遊びなので、ぜひ大人も一緒に

楽しく遊んでみてください。