社会で生きる力は遊びの中でしっかり育てていきましょう

私たち人間には、自分の意志で頑張ればできることと

頑張ってもできないことがあります。

頑張ってもコントロールできないのは、食欲や睡眠、

緊張を解くことや直感的な好き嫌いなどで、

脳の奥深くでコントロールしているので

頑張ってもかなわない部分です。

 

反対に、頑張ればできるのは、脳の表面の

大脳新皮質が司っている部分の能力で、

私たちが人間として社会生活を送っていくのに

必要な力の多くはここが司っています。

そして、それは子ども達に育ててあげたい力でもあります。

言葉、ルールを守る、社会性、自己管理能力などの

力で、大人がしっかりと育ててあげる必要があります。

 

私たちは、子ども達に運動あそびの指導を行っていますが、

こうした力も育てながら総合的に成長発達して

いけるように工夫した指導を行っています。

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム

「柳澤運動プログラム」の中から「スタート&ストップ」

をご紹介します。

 

子ども達はスタートラインに並び、指導者の出す

「スタート」と「ストップ」の合図に合わせて
動く→止まるを繰り返して遊びます。
この、合図に合わせて動いたり止まったりすることが

脳の前頭前野の活動を育てます。

 

合図は子ども達の認識しやすい方法が良いので、
言葉や動作などでわかりやすく示し、
動くと止まるのメリハリを大事にしてください。
特に止まる時にピタッと止まることがポイントです。
ピタッと止まれると、足の指先の力も養われるので

バランス力が向上したり、転びにくくなったりする

効果も期待できます。

 

慣れてきたらクマ歩きや後ろ歩き、スキップなど
いろいろな動きで、楽しく遊んでみてください。