子どもに運動あそびの見本を見せる時のポイント。

子ども達に運動あそびの指導をする時、

最初に説明をしながら見本を見せることは多いと思いますが、

良い見本だけでなく悪い見本も見せていますか?

 

良い見本を見せることはあっても、

悪い見本はなかなかやらないことが多いと思います。

でも、悪い見本も見せてあげると子どもはわかりやすく、

怪我などの危険防止になるのでとても大事なんです。

 

そして、良い見本は子どもに、悪い見本は先生が

全員の前でやって見せるということもポイントです。

良い見本をみんなの前でやった子は、

みんなの前で成功できて褒められることで自信になります。

悪い見本は子どもにやらせてはいけません。

先生が、少し大げさに「これはダメ」

「これをするとこうなっちゃうよ」という悪い例を

具体的に示してあげてください。

 

 

今日は、私たちが提供している運動あそび

柳澤運動プログラムの中から「アヒルつま先横歩き」を

ご紹介します。

この遊びは、股関節が硬かったり、姿勢保持が難しい子に

おすすめの遊びです。

 

膝を開いてしゃがみ、つま先立ちで横歩きをします。

足の付け根から動かさなければいけないので、

少し難易度が高い動きです。

また、疲れてくるとだんだんお尻が上がって

中腰になってしまうことがあるので、
しっかり下までお尻を下げてできるように

声掛けをしながらやってみてください。

 

スムーズにできるようになったら、

1本線の上を歩いたりジグザグや円のコースを歩く、
リレー形式にしたりだるまさんが転んだを

やってみても楽しめます。

 

今は股関節周りが硬い子がとても多くなっているので、

ぜひ継続的に取り入れてみてください。