子どもの肩こりが増えています。 

最近は子ども達の中にも「肩こり」を訴える子が増えています。

今の子ども達は重いランドセルを毎日背負っていたり、

外遊びなど体を大きく動かす経験が不足していること、

そこからくる筋力不足で姿勢が悪くなっていることなどもあり、

幼児期から肩こりを感じていることがあります。

 

子どもは筋肉が柔らかく回復力もあるので、

少し意識して体を動かしたり姿勢に気をつけることで

改善しやすいです。

体を大きく動かす粗大運動が効果的なので

ぜひ楽しく遊びながら肩こりの予防・改善にも

つなげていきましょう。

 

今日は私たちが提供している運動あそび、

柳澤運動プログラムの中から「足閉じソリ」を

ご紹介します。

 

子ども達は2人組みになり、1人はソリ役、

もう1人はソリを引っ張る役になります。

2人は向き合い、ソリ役の子は座って足を伸ばし

くっつけておきます。

引っ張る子はソリ役の子と両手をつないで

そのまま後ろに歩いて引っ張って進んでいきます。

急に強く引っ張ると手が離れて転んだりして

危ないので、最初から勢いよく引っ張らないこと、

広い場所で行うことに気をつけてください。

 

ソリ役の子は姿勢をやや後傾にして、かかとを少し

上げるように意識すると相手が引っ張りやすくなり

スムーズに進めます。

膝が曲がったり上半身がねじれたりすると

うまく進めないので、体全体に力を入れて

足をまっすぐに伸ばした状態を維持できるように

しっかりポイントを伝えることが大事です。

 

また、足を閉じた状態だと横に倒れないように

バランスをとる必要があり、

腹筋や背筋が強く養われます。

苦手な子は足を開いた状態から行い

無理なく楽しめるようにしましょう。

 

お互いに相手の様子を見て息を合わせながら

行うことが社会性やコミュニケーション能力の

向上につながります。

子ども達の年齢に合わせた関わりで

効果的に能力アップを目指していきましょう。