運動あそびで運動以外の良い効果がたくさん期待できます

幼児期の運動あそびは体、心、脳を育ててくれるので、

運動以外の活動でも良い影響が見られるようになります。

体力や基本的な身のこなし、危険を察知する力などが

身に付いて日常生活での怪我が減ったり、

集中して意欲的に物事に取り組む力や

社会性も身についていきます。

 

子ども達の力を総合的に育んでいくために、

運動あそびをますます広げていきたいと思います。

 

今日は私たちが提供している柳澤運動プログラムから

「ペアで積み木積み」をご紹介します。

 

子ども達は2人組みになり、向かい合って座ります。
そして2人で交互に足を使って積み木積みをしていきます。

足で積み木を挟む時は、手を後ろについて
両足の指先を使って挟んで持ち上げ積むようにします。
2人で順番を守って、高く積み木が積めるように
挑戦してみましょう。

 

積み木はいろいろな形があるので、形によって
どうすれば足先で挟みやすいか、
どう積めば高く積めるかなどを考えながら行うことで
考える力や先を読む力などが育ちます。
また、友達とペアで行なうことでコミュニケーション力や
社会性の発達も促すことにつながります。

子ども達の年齢によってはペアを作る時に少し工夫をしたり、

子ども達だけで決めてもらうと

さらにコミュニケーション能力や問題解決力などが

養われるので、うまく関わりながら取り入れてみてください。

 

子どもによっては腹筋が弱く高く足を上げて
積み上げることが難しい場合があります。
その場合は横に長く並べたり、見本と同じ形に並べたり、
色や数を指定するなど、無理なく楽しめるアレンジで

提供してみてください。