子ども達が夢中になれる工夫が効果的に力をつけるポイントです。

子ども達に運動あそびを提供する時には、

子ども達が自らやりたくなるような楽しい工夫が大切です。

そして、最初は楽しめても同じことの繰り返しだったり、

動きが単調だったりすると子ども達はすぐに飽きてしまうので

変化をつけることがポイントです。

 

子ども達がドキドキワクワクできるように、

「ここから落ちると捕まっちゃうかも」とか

「音を立てると食べられちゃうよ」というような

設定がおすすめです。

 

例えばクマ歩きで、普通に1往復したら次は後ろ向きで

やってみる、次はコースの真ん中にゴム紐に鈴を付けた

罠を設置して罠に当たらないように進んでみます。

この時先生は猟師になって、鈴の音が鳴ったらクマを

つかまえに行くという設定で行います。

そうすると子ども達はとてもドキドキしながら楽しめて、

先生も猟師で基本的に寝ているだけで良いので

負担を減らすことにもつながります。

 

クマ歩きに慣れたら、片足を上げた片足クマ歩きや

カンガルー、うつ伏せのワニ歩きなどでも行ない、

さらに慣れてきたらそれが準備体操になって、

どんどん新しい設定で遊びを発展させ高めていくことが

できます。

 

いつも子ども達の発達段階に合ったものを

子どもの興味やその日の様子などに合わせて提供し、

育てたい力に合わせて変化・発展させながら

指導していく工夫がとても大切です。

子どものうちに運動することを好きになれるように

楽しい運動あそび指導をしていきましょう。