年齢に合わせた関わりが子ども達の能力をより伸ばします。

子どもは3歳頃になると、ある程度意識をして

目標に向かって取り組み頑張ることができるようになります。

なので運動あそびを行なう時も、

最初にその動きの大事なポイント、ダメなポイントを

明確にしてあげることが大事です。

それも見本として視覚的に示してあげるのが効果的です。

 

そして3歳頃の子ども達は身近な大人から自分への

評価を欲しがる時期でもあるので、

子どもが「見て見て!」「できたよ!」と

声をかけてきた時にはぜひたくさん褒めてあげて

自己肯定感を高めながら自信ややる気を

伸ばしていってあげたいですね。

 

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム

「柳澤運動プログラム」の中から

「ぶら下がりジャンプ」をご紹介します。

 

まず鉄棒の前後に1つずつフープを設置します。
フープは直径30cmほどの小さめの物が良いので、

なければ市販のホースを切って作るのがおすすめです。

 

子どもは手前のフープの中に入って鉄棒を握り、
体を何度か前後に振ったら前のフープの中に着地します。
着地ではふらふらしないように意識し、

できたらそれぞれ好きなポーズをとってみても良いです。

 

たくさん体を振れると良いので、回数を数えてみたり
友達と競争してみるのもおすすめです。

また、鉄棒の下に落とし穴や爆弾に見立てたものを

設置しておくと、落ちないように必死でぶら下がって

頑張れます。
そうすると力がどんどんついてくるので、

子ども達が夢中になって楽しみながら

全力を出して遊べるような工夫がとても大事です。

 

子ども達の力を最大限引き出せるように

楽しい効果的な運動あそびを提供していきましょう。