運動あそびで今の子ども達に必要な力を補いながら総合的な発達を促します。

今の子ども達は、体力や運動能力が低下していると

言われますが、一番は体の使い方が不器用な子が多い

ということです。

関節をうまく連動させなければできない、

ボール投げや反復横跳びのような動きが苦手な子が多く、

柔軟性も弱い子が多く見られます。

 

私たち大人が日常生活、保育の中ですべきことは、

子ども達に多種多様な動作を経験させてあげること、

そして子ども達がそれを遊びとして楽しみながら

やりこんでいけるように導いてあげることです。

子どもが自分達で遊びこんでいけば、

当然人やルールも変わっていくので

その都度試行錯誤したり臨機応変に対応したり

問題解決をしながら進める必要があり、

様々なスキルが育ちます。

 

子ども達が良い方向に向かって成長していけるように、

日々の関わりの中で働きかけていくことが大切です。

 

今日は、私たちが提供している運動あそびプログラム、

柳澤運動プログラムの中から「横跳びカップタッチ」

をご紹介します。

 

複数の色のカップを間を空けて設置します。

子どもが両足を揃えた横跳びで跳べる距離で

配置してください。

 

子どもは両足を揃えて、腕を大きく振って

横方向にジャンプし、しゃがんでカップを1つずつ

タッチしながら進んでいきます。

 

横跳びをする時には、腕を大きく振らなければ

足がバラバラになってしまいます。

しゃがむ時もカップにばかり意識がいくと

足が開きやすくなります。

ジャンプの時もカップタッチの時も

足が離れないように声掛けをしながら行いましょう。

 

また、腕振りとジャンプのタイミングがうまく

合わない子がいたら早目に修正してあげることが

大事なので、声掛けをしながらやってみたり

カップなしで腕振りジャンプの練習だけしてみるなど、

段階を踏んで進めていきましょう。

 

この横方向のジャンプが一定のリズムでできると、

大縄跳びがスムーズに跳べます。

繰り返し行いながら、上達を目指して遊んでみてください。